2016年05月26日


「季節はずれのりんご」大野隆司
「季節はずれのりんご」大野隆司 1986

食べ物に限って言えば、一番うまく食べられる時期がその食べ物にとっての「旬」と言う事になります。そういう意味では、今熟しているからと言って、必ずしも旬とは言えません。

子供の頃、その年一番のキュウリを待って「冷や汁」を作ってもらいました。キュウリの香り・歯ごたえ、しその香り、ごまの香り、味噌の味、まさに一体となった「旬」そのものでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kawada-archi.asablo.jp/blog/2016/05/26/8096247/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。